戸田恵梨香、永野芽郁W主演!!話題の7月日テレ新ドラマ『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』のあらすじや見逃し配信サイト紹介!!

日本テレビ系列で2021年7月7日から放送を開始する7月新ドラマ『イハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』。毎週水曜日夜10時〜の放送となっています。

ありそうでなかった交番でコンビを組むことになった女性警察官2人のドタバタ劇が心地良い、新人警察と刑事課の元エースの異色ペアが最も身近な警察官であるお巡りさんの日常を描く新感覚警察エンターテイメント!!

この記事では、戸田恵梨香さん、永野芽郁さんW主演の『イハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』のあらすじを紹介していきます。

ネタバレを含みますので、閲覧に注意してください!!

キャスト紹介

ドラマ『イハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』の主要キャストを紹介します。

〜イハコヅメ〜たたかう!交番女子〜〜主要キャスト
  • 藤聖子:戸田恵梨香
  • 川合麻依:永野芽郁
  • 源誠二:三浦翔平
  • 山田武志:山田裕貴
  • 牧高美和:西野七瀬
  • 北条保:平山祐介
  • 吉野正義:千原せいじ
  • 鈴木敦:渕野右登
  • 伊賀崎秀一:ムロツヨシ

詳細な人物相関図はこちらから

第1話 あらすじ

新人女性警察官の川合は、公務員になれば人生安泰だと思い警察官になったが、あまりの理不尽な扱いや激務に警察官を辞めようと考えていた。

そのような日々を送っていたある日、交番に新しい女性警官が派遣されてきた。その女性は刑事課の元エースで何か問題を起こして交番に移動してきたという。

川合は新しくペアを組むことになった女性警察官の藤と早速パトロールに出かけた。そこで、川合は藤に刑事課で起こした問題は何か?と尋ねると「パワハラ。」と藤は淡々と答えるのであった。

パトロールで見つけた路上で倒れ込んでいた年配の男性を介抱し交番に連行した藤は、その男性が連続空き巣犯であると睨み、交番で事情を聞くことにしたのだ。

藤は、川合を上手く使い、事情聴取を行い、多くの犯行の自供を聞き出すことに成功し、その後、現れた刑事課の源と山田に身柄を渡した。

その後も、交通取締や忍者の窃盗騒動などの日常で起こる騒動を次々と解決していく藤に振り回されながらついて行く川合であったが、夕方頃「自殺する」という通報が入る。

その通報を入れた坂本という男性は、川合が交番に配属されてから、何度も通報してきていた。

勤務中に何度も辞表を出そうとする川合であったが、その機会を得ることができず、箱長の勤務は終わってしまった。

その日は1日勤務であった川合と藤は、いろんな騒動で忙しくしながら朝を迎えていた。やっと勤務が終わると思っていたが、副署長から招集を受け、通常点検と呼ばれる機器の扱い点検をさせられることになった。

新人の川合は、もちろん上手く振る舞うことができず、恥をかいてしまうのであった。勤務終了後、出せなかった辞表をポケットから出した川合であったが、辞表は破れてしまっており、書き直しになってしまった。

辞表を書き直している間に寝てしまった川合の部屋に、女子会をやろうと藤と牧高がやってきた。なぜ警察官になったのかと藤に聞かれた川合は、ブラック企業に勤めていた父親から安定した公務員になるように勧められて受けられる試験を全部受けて唯一受かった警察官になったと答えるのであった。

その飲み会の席で寝てしまった川合をベッドに寝かしつけ、部屋の片付けをしていた藤は、川合がゴミ箱に捨てていた辞表を見つけてしまうのであった。

休日であった翌日、川合は中学高校の女友達に彼氏を自慢され、現在自分が置かれている現状に改めて不満を感じるのであった。

翌勤務日、再び辞表を出そうとする川合であったが、またしても通報が入り機会を逸してしまう。通報でひったくり犯を追うことになった川合は、商店街に逃げ込んだ犯人を探し、発見する。気づかれないように近づこうとしたが、しっかり見つかってしまい、走って追いかける羽目になってしまう。

追いつけないことを自覚しながら、追いかける川合がつまづいて転んでしまった矢先に、車に乗った藤がその場に現れ、華麗に犯人を逮捕するのであった。交番に戻った川合は反省文を書いていたが、再び「自殺する」という通報が入り現場に急行する。

現場に到着すると坂本の部屋は真っ暗になっており、呼びかけにも応じなかった。どうせ寝ているのだろうと帰ろうとする川合に、藤は「通報に対応する私たちはいつだって本気じゃないとダメなの」と伝え、窓ガラスを割って部屋の中に侵入する。

室内に入り、捜索する藤と川合は、首を釣っている坂本に遭遇する。その現場を目の当たりにし呆然とする河合を尻目に、藤は迅速に行動し坂本は一命を取り留めた。

箱長の伊賀崎は、川合が辞めるかもしれないと口にした。藤と組めば変わるかと思っていたんだけどなと話すのであった。伊賀崎は藤はパワハラをするような人間ではないと気付いていたようであった。

そこに戻ってきた川合は、ついに伊賀崎に辞表を提出し、坂本を見殺しにするところであったと言うのであった。そんな時に坂本の母が交番に現れ、川合に感謝を述べていくのであった。それを受け、川合は藤の「少しずつ警察官になっていけばいい」と言う言葉に「はい」と答え、それを聞いた藤は、川合の辞表をビリビリに破るのであった。

こうして川合と藤のペアは、存続することになったのであった。

次回、2人はどんな事件に巡り合うのであろうか。

第2話 あらすじ

川合は夜中に起きている勤務のせいで常に眠気に襲われていた。

川合の眠気を覚ますために、藤は川合をパトカーから降ろし、夜の学校を歩いてパトロールするように指示を出した。その学校では、刑事の山田と源が学校荒らしの犯行現場を抑えようと張り込んでいた。

川合は、警察学校の校歌を歌いながら、犯人のいる校舎に入っていってしまい、それを見ていた山田を幽霊と勘違いし逃げ回っていたが、その頃、藤はその学校荒らし犯を捕まえていた。

翌日、チンピラが中学生をカツアゲしているという通報が入り現場に向かった。そこでは源と山田が中学生に絡んでいた。その中学生は3回も補導されている常習犯で、優太という少年であった。母親は働きに出ているようで、あまり優太に関心を払えていない様子であった。

優太を母親に引き渡した後、交番には松原という女性が彼氏にもらったイヤリングを無くしたという相談が来ていた。

その夜、恒例の女子会が行われ、恋バナで盛り上がっていた。牧高は新撰組の斎藤一に恋をしていると言い出し、藤は山田と源は全く恋愛対象ではないと語っていた。

翌日、なぜかオシャレをした藤が、川合を呼びに来た。オシャレをして藤にご飯に連れて行ってもらえると思ったが・・・

刑事課の薬物犯捜査の協力であった。

川合は源と、藤は山田とカップルに扮して尾行捜査をすることになった。恋愛経験の全くない川合は、源の足を引っ張り続け、被疑者たちが入っていったラブホテルに入る際には、「入りたくない」と騒いで周囲を困らせる始末であった。

何やら考えを巡らせていた藤は、山田を手玉にとり、自らの手でホテルから出る犯人を確保することに成功した。

源は副署長からかなり絞られ、足を引っ張っていた川合は反省して、源に謝るが、源は犯人も捕まったのだしと問い詰めたりするようなことはなかった。

捜査を終えて帰宅しようとする川合と藤のところに、電話が入ってきた。内容は優太の祖父が亡くなったので検死に立ち会って欲しいというものであった。

優太の自宅で検死が始まった。体を調べる際に藤は何かに気がついたようであった。

優太の祖父の遺体は、床ずれなどもなく非常に綺麗な状態でかなり献身的な介護をしていたことに藤は気がついたのであった。藤は自宅から出る際に、優太の母親に労いの言葉をかけるのであった。その様子を見ていた優太は、母の努力を感じ、これからは母を支えて行くことを誓っていた。

川合の帰った後、藤と伊賀崎は何やら誰かのことを話している様子であった。

川合は帰り際に会ったイヤリングを無くしたと交番に届出にきていた松原がイヤリングを探しているところに遭遇し、一緒に夜まで探すのを手伝ってあげるのであった。

翌日、松原の紛失したイヤリングが盗難されたものであったということが判明し、松原の彼氏が連続窃盗犯であるということが判明した。藤と川合たちは刑事課について松原の家の家宅捜索に向かうのであった。

家宅捜索の中で、藤は川合に松原の下着を一枚ずつ確認するように指示を出したが、川合はできないと拒否した。藤はその反応を非難することなく、家の外で待っているように川合に伝えた。

家宅捜索の結果、松原の彼氏が窃盗犯であるという証拠が見つかり、松原は泣き崩れパトカーで介抱されるのであった。

川合はその様子を見て、再び家を捜索し始め、犯罪に関するものをこの家に一つも残したくないと語り隅々まで捜索するのであった。

結局、その後は何も見つからなかったが、少なからず一緒に捜査をした警察官たちの心を動かしたようであった。犯人も余罪を全て自供し一件落着したのであった。

次回はどんな事件が川合を待っているのであろうか。

第3話 あらすじ

警察の業務のひとつに術科訓練というものがある。剣道や柔道、逮捕術の訓練が週一回行われる女性警察官には大変な訓練であるようだ。もちろん川合はこの訓練も得意ではなく、藤に一方的にやられるのであった。それを受けて、川合は藤の期待に応えれるように頑張ろうと心に決めるのであった。

ある日、川合は伊賀崎に頼まれ、振り込め詐欺への注意喚起のポスターを作成していた。独特なタッチで描かれた伊賀崎の似顔絵はどこか似ていた。そんな時に万引きの通報が入った。源が来ないと万引きをすると女性が話しているという内容であった。

渋々、藤と川合は現場に向かったが、万引きをした年配女性は源ではなく女性警官がきたことに文句をいい、全然事情を聞くことが出来ずにいた。そこに源が現れ、女性の娘と孫を連れてきて女性を説得することに成功した。

源は、少し話しただけで相手の心を掴むことができるという特殊能力を持っているという。取り調べのためだけに本部に呼ばれることもあるというのである。

藤が有給をとっていたある日、男性に襲われたという女子高生に事情を聞いて欲しいという依頼が刑事課から来た。川合は女子高生を聴取して話を聞くが、川合の気遣いのない質問に女子高生は何やら諦めたように被害を取り下げると言って帰っていった。

その夜、川合に事情を聞いた藤は、その事件に違和感を持ったようであった。

翌日、年配の女性が警察から通帳とキャッシュカードと通帳を預からせて欲しいという電話がきたと言う。藤たちはそれは詐欺だと断言し、女性の家に張り込み詐欺犯を逮捕することに成功した。

その捜査後、刑事課から連絡がきて川合の聴取した痴漢事件についての呼び出しであった。

その痴漢事件に目撃者がいたようで、その目撃者の少年の話を源らが確認したところ、川合が聴取した内容とかなり相違があったとのことであった。

目撃者の少年は、当初女子高生と男性はカップルのように見えたが、女性側が制服をきていたことと男性がかなり年齢が高そうに見えたことに違和感を持ち、一度通り過ぎたが声をかけたと言う。声をかけられたことで男性も女子高生もその場を逃げ出したという。

川合の聴取の仕方が不味かったようで、被害者と思われる女子高生の心情に寄り添って聞き取りができていないかったことに問題があった。藤に問い詰められている川合の様子を見て、山田が別件で川合を呼び出した。

山田は、今回のことに関して優しく川合に諭すのであった。

牧高が描いた似顔絵を持って、被害者の話を聞きに行った藤と牧高であったが結局、話は聞けなかった。

藤と源は牧高が描いた似顔絵がうますぎることが逆に、犯人を特定しにくくしているのではないかと話しあい、源は別の線からも犯人を捜査すると言うのであった。

翌日、振り込め詐欺にあいそうになった女性がお礼にきた。女性は川合の描いた伊賀崎のポスターを見て交番に相談に来たという。その様子を見ていた藤は、川合に痴漢事件の犯人の似顔絵を描かせるという提案を刑事課に行った。

川合は目撃者の男子高校生の話を聞きながら自分流のやり方で似顔絵を描いていく。牧高が書き上げた似顔絵を見て、藤と源は前科持ちの安田という男性ではないかと話し、一気に捜査が動き出すこととなるのであった。

一方、被害にあった女子高校生には未だに話を聞き直せていたない状況であったが、特別捜査本部が立つこととなり、藤と川合もその特捜に参加することになるのであった。

第4話 あらすじ

coming soon…

第5話 あらすじ

coming soon…

第6話 あらすじ

coming soon…

第7話 あらすじ

coming soon…

第8話 あらすじ

coming soon…

第9話 あらすじ

coming soon…

第10話 あらすじ

coming soon…

最終話 あらすじ

coming soon…

『イハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』配信サイト紹介

『イハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』はネットでも見逃し配信を楽しむことができます。

【最新話を無料配信中】

【1話から最新話まで全話配信中】

見逃してしまったら、ネットで見てみましょう!!

他にも作品を紹介していますのでこちらも見てみてください♪