話題のNHK1月の新ドラマ『ここは今から倫理です。』のあらすじや見逃し配信サイト紹介!!

NHKで2021年1月16日から放送を開始したドラマ『ここは今から倫理です。』。毎週土曜日11時30分〜の放送となっています。

20代を中心に人気を誇る雨瀬シオリの異色の学園コミック『ここは今から倫理です。』がNHKで実写ドラマ化。日々価値観が揺さぶられ続ける現在の日本社会で、今の時代にあるべき「倫理」について考えさせられます。土曜のよるドラ枠にぴったりの考えさせられる学園ドラマになります。

この記事では、山田裕貴さん主演の『ここは今から倫理です。』のあらすじを紹介していきます。

ネタバレを含みますので、閲覧に注意してください!!

キャスト紹介

よるドラ『ここは今から倫理です。』の主要キャストを紹介します。

〜ここは今から倫理です。〜主要キャスト
  • 高柳:山田裕貴
  • 逢沢いち子:茅島みずき
  • 谷口恭一:池田優斗
  • 間幸喜:渡邉蒼
  • 深川時代:池田朱那
  • 近藤陸:川野快晴
  • 山野亮太:浦上晟周
  • 高崎由梨:吉柳咲良
  • 都幾川幸人:板垣李光人
  • 曽我涼馬:犬飼直紀
  • 田村創:杉田雷麟
  • 南香緒里:中田青渚

詳細な人物相関図はこちらから

第1話 あらすじ

『倫理は選択科目ですが、人生においての必須科目です。』という倫理教師の高柳が生徒に向けてさまざまな問いを問いかけていく。

誰とでも身体の関係をもってしまう女子高生、相澤いち子は『男の人はSEX好きでしょ』と男子生徒と愛のないSEXを繰り返していた。

一方、男子生徒の谷口恭一は将来の夢は教師で、高柳こそ、やっと巡り会えた理想の教師だ、と感じていた。

そして、その2人は倫理の科目を選択しているのである。

谷口は中学生時代にいじめを受けている時に、助けてくれる教師がいなかった。その経験から、教師になって、誰の事でも助けられる教師になりたいという夢をもっている。

相澤は男性を誘惑し、愛のないSEXを繰り返していた。倫理教師の高柳も放課後に誘惑するが、「おいらんには教養が必要です。僕は教養のある女性が好きです。」とあっけなく断られる。

高柳と相澤の話を盗み聴きしていた生徒の谷口は倫理教師の高柳をますます尊敬する。

男子生徒と身体の関係を頻繁に交わしていた相澤は、遊び仲間の男友達から誘いを受けるが高柳の事が気になりだしたので断るようになる。

ある日相澤は、男友達から放課後に呼び出され、押し倒されそうになる。その現場を目撃した谷口が高柳に助けを求め、相澤は高柳に助けられる。

一方、谷口はタバコを吸う人間が嫌いで「タバコなんてやめれば良いのに」と高柳に主張する。

しかし、喫煙所で吸っているので何も悪くないと高柳は谷口を諭し、高柳は谷口にいじめっ子もいじめられっ子も救える先生になってほしいと告げる。

そもそも、高柳がタバコを吸い始めた理由は、大学時代に話したかった先生が喫煙所にいたからだというものであった。

第2話 あらすじ

間幸喜は授業中いつも寝ていた。

ある日の授業、相変わらず眠いと思っていた間幸喜であったが、倫理の授業で教師の高柳は対話をしてもらうと言い出す。

対話のテーマは「自由であることは幸せなことか」。

対話には

  • 一度に話ができるのは1人
  • 話したくない人に無理に話はさせない
  • 人をわざと傷つけてはいけない

というルールが設定された。これ以外は自由であると高柳は伝えた。

そこで間幸喜は眠りについてしまったのであった。

高柳はなぜいつも授業中に寝てしまうのか、間幸喜に教えて欲しいと言うが、間は「お前の授業がつまらないからだ」と言って、その場を立ち去ってしまう。

間の家は母親が夜遅くまで働いており、そのため幸喜も遊び歩いているので、学校でも眠くなってしまっているだった。

翌日、高柳は間に対話がしたいと持ちかけ、ケータイの番号を間に渡した。

「いたずら電話をしたら2度とでません」と言って。

しかし、その夜、間の友人が、高柳にいたずら電話をしてしまい、間は喪失感に苛まれる。

そのことが気になり始めた間は、夜中に高柳に電話をかける。

かけたはいいが、何も話すことがない間は電話を切ろうとするが、「今何をしているんですか?」と高柳が質問し、何とか会話が続いていく。

「映画を見ましょう」高柳は伝える。それを見たら、流石に外には遊びにいけないと間は断る。

「それが狙いです」と高柳は言い、自由だと主張する間に、「不安は自由のめまいだ」と高柳は伝える。

あまりにも自由すぎると、人間は不安になる。

「明日、映画の感想を教えてください」高柳は、自由はないが不安のない時間を楽しんでみるように間に伝えるのであった。

翌朝、少しだけ気分の違う朝を迎えた間は少しだけ幸せそうな顔をしていた。

第3話 あらすじ

高柳は定時に帰る主義で、文化祭の準備等は手伝わずに帰っていく。高柳は変人と思われているが、女子生徒には人気があり、過去には女子生徒にちょっかいをかけられて、問題になったこともあったようだ。

物理教師の松田は、教師と生徒との恋愛をどう思うかと高柳に尋ねる。

高柳は「それは愛ですか、それとも性的欲求ですか」と聞き返す。

松田が気になっている相手は、過去に高柳を陥れようとした女子生徒、深川時代だったのである。

文化祭前日、体育館の踊り場で松田と高柳は話をしていた。

松田は高柳に問われた「それは愛ですか、それとも性的欲求ですか」という問いを考え続けているといい、時代との関わり合いについて語る。

高柳は、教師と生徒の恋愛関係が全て悪ではないと前置きしつつ、2人の関係が対等でなく教師としての力を利用したものならセクハラであるという。

しかし、対等な関係であるならば、恋愛していいともいう、規則違反ではあるが、人は自由に恋愛していいという社会の決まりが尊重されるべきでもあると伝える。

そして、高柳は松田に問いかける「あなたは心から愛してしまったのですか?」と。

松田は「自分は卑怯者です、冷静になれました」と答え去っていった。

文化祭当日、松田は高柳に「終わらせてきます」と告げる。

後夜祭の時、松田は時代を物理室に呼び出し、話をしようとする。しかし、時代に誘惑され我を失いかけてしまう。それを待っていた時代は、叫び声をあげて助けを求め、録音していたスマホを持ってその場を立ち去ろうとする。

そこに、高柳が現れる。松田の告白を一部始終聞き、これからセクハラで訴えるために校長室に行くのだろう?と言い放つ。

時代には「日本一可愛い女子高生」杏奈という妹がいた。杏奈がちやほやされているのに、嫉妬し、大人に構ってもらおうと、大人を弄んで注目を引こうとしていたのである。

自分はブサイクだといい涙を浮かべる時代に、松田は「君は綺麗だ」と伝えたが、時代はその場を去っていった。

第4話 あらすじ

近藤陸の兄は何やら怪しい取引に関わっているようだ。

陸の兄は、何やら取引されていたものを持ち逃げしたらしく、陸は兄の仲間であった半グレたちに暴行を受ける。

そこにジュダと言われる人物が現れ、陸の身柄を受け取る。

しかし、陸はジュダに軟禁状態にされ、関係を迫られ、抵抗を続けていた。そこに突然、高柳が現れる。

高柳とジュダは、どうやら顔見知りらしく、善と悪について言い争う。

その会話には全くついていけない陸だが、ジュダに「どうしたいんだ?」と聞かれ、陸は「学校にいきたい」と言い、ジュダはそれを聞いて、半グレたちに陸にもう手を出さないように、指示をだし、陸と高柳は解放される。

陸は高柳にジュダとの関係を尋ねると、高柳は、「生徒を盗られた」と答え、学校で自殺未遂を繰り返していた女子生徒は、ジュダたちのような悪の道で、生き続けることができていると伝えた。

しかし、高柳は、学校という正しい世界が苦痛でないなら、悪の側に落ちないようにちゃんと考えるんだと陸を叱責する。

翌日、陸はスッキリした表情で投稿し、高柳はいつもと変わらぬ様子で生徒たちと接するのであった。

第5話 あらすじ

女子生徒の高崎は自傷行為をしていた。高崎の母親は何やら怪しげな宗教を信奉しているようだ。痛みだけが高崎に生を感じさせてくれるようであった。

一方、高柳は保健室登校の都幾川を気にかけていたが、距離感が上手く掴めずにいた。

高柳は身体が触れ合うことに極度の抵抗を抱いていた。

悩んだ人などに、泣きつかれた時にどうするのが、最高の善か?

高柳は過去に恩師から言われた言葉を思い出していた。

スマホゲームの話題で高崎と都幾川は盛り上がっていた。

都幾川との身体の触れ合いを拒んだ高柳に、都幾川は拒否感を感じ心を閉ざしてしまう。

その対応を保健室の教員に咎められた高柳は、男子生徒になら許されるが、女子生徒には許されない心の救い方は正しくないと言い返すが、それに対し、養護教諭は「それこそエゴなのではないか」と言い返す。

その言い争いを聞いてしまった都幾川はさらに精神が不安定な状態になってしまう。

一方、高崎は母親に謎の宗教団体の人たちとの交流をさせられていたが、全く得心がいっていないようであった。

そのような状態の中、倫理の授業に臨んだ高崎は、「心と身体が区別できるのか」という高柳の問いかけに心を揺さぶられる。

授業中にリストカットしようとする高崎を目の当たりにした都幾川は、高崎を全力で止めるが、気が動転して倒れてしまう。

目を覚ました都幾川は、高崎に「大切な身体だから」といい、抱きしめ、彼女の心を癒すことに成功したようであった。

その様子を見ていた高柳は、「やはり一瞬の感情には勝てないのか」と絶望するのであった。

第6話 あらすじ

6話は喫煙所での教師たちの会話で始まります。会話の中で前回の回想に苛まれ、高柳は「報われない」と離すのであった。

一方、職員室では曽我という生徒が話さないというのが話題になっていた。

曽我は勉強も運動もできるが、全くしゃべらない生徒であった。

他の教師から話を振られた高柳は、「生徒がそれを求めていないならしない」と応え、他の教師からは「教師はおせっかいをするもの」と言われる。

思い悩む高柳の様子を観て、逢沢に高柳の様子がおかしいと気を使われてしまうほどであった。

曽我と曽我の母親は呼び出されて、コミュニケーションの必要性について3者面談をされていたが、曽我の心には届いていないようであった。

そんな中、校舎脇の階段で、目を閉じて座り込んでいるのを見つけた高柳は、曽我が倒れていると思い、焦って駆けつける。

曽我はただ寝ていただけであった。ほっとした高柳は本当にピンチな時は「声をあげてください」と伝えるのであった、そして本当に自分はお節介だと呟くのだった。

一方、田村という生徒は、なかなか勉強で成績が残せずに思い悩んでいた。

高柳は問いかける。

「田村くんは大学に行くためだけに勉強しているのですか?」

プレッシャーにはなっている様子であるものの自分を思ってくれる親に感謝している田村に対し、高柳は「大学に進んだら、自分のための勉強してくれますか」「自分のために生きてくださいね」と諭すのであった。

ある日、曽我の横で昼食を食べた高柳は、曽我に語りかけるのであった。

「自己放棄によって4分の3を捨てないといけないと言われていますが、あなたは4分の2暗いですね」と話した高柳に、曽我は「2分の1」と返した。

「約分しない方が伝わりやすいかと思った」と返答する高柳には、驚きと喜びが浮かんでいた。

進路指導室で大学のパンフレットを探す田村は、目当ての大学がなく探していたが、ちょうどそれを閲覧していた曽我からパンフレットを手渡される。

田村は曽我に聞くのであった「曽我君は、大学に行ったら何を勉強したい?」

第7話 あらすじ

「これが僕の最後の授業です」という高柳のセリフから話が始まります。どんな内容の授業なのか気になるところですが、冒頭から時間が遡ります。

南という生徒は、クラスの一体的なノリに馴染めずにいた。

体育大会を前に、グループチャットの通知がすごい数になり、うざいと南は思っていた。このノリを楽しめたら楽なのになぁと感じていた。

逢沢はチアをやってくれと頼まれて、男子も一緒にやるならいいと返し、嫌がる男子に対し、「自分たちが嫌なのにそれを私がやるの?」と問いかける。その様子を見ていた南は逢沢は実は馬鹿ではないのかもと感じるのであった。

今回の倫理の授業で取り上げられていたのは、「資本主義」と「社会主義」。

高柳は、どちらの主義にも欠陥があるということに授業の中でふれ、「時代や社会、場所や立場によって、正義は変わる」と述べ、「真の幸福な社会を目指して人々は考え続けている」と生徒たちに伝えた。

授業後、チャットにすごい量の通知が来ているのを見て、逢沢は南に「めんどくない?」と話しかける。南は逢沢も同じ思いだったのかと少し微笑んだのであった。

クラスの人たちは自分とは主義が違うのだと感じながら、クラスから阻害されるのも寂しいと感じながら葛藤していた。

その日の帰りに、高柳を喫煙所の前で待ち伏せしている逢沢と谷口を見かけた南は、2人のペースに巻き込まれ、高柳と放課後の教室で授業の振り返りをすることになる。

主義はコロコロと変えられるようなものではないという話題になり、南はクラスに馴染めていないということを話す。逢沢もクラスの結束感に馴染めずに違和感を覚えている感じであった。

その話を聞いていた高柳は、2人は「個人主義」なんですねと話し、クラスは集団主義なのだろうと語るのであった。

結束力の強い集団でありがちなのは、異分子を排除しようとする動きが出てきた時、全体主義という巨大な怪物が生まれると語り、どのような主義においても、目指されるのはより多くの幸福であり、それを考えるのが倫理だと高柳は語る。

その話を聞いていた逢沢は、クラスのグループチャットを抜けると決心し、その場でグループチャットを抜けてしまった。

翌日、逢沢がグループチャットを抜けたことから、チャット内で逢沢叩きが始まっていた。

逢沢はいじめられていることを高柳に告白し、逢沢と南、谷口のやりとりを聞いていた高柳は、その話を倫理の時間に話さないか?と提案した。

そして、冒頭の場面に戻ってくる。

逢沢はグループチャットに戻るべきか、倫理の授業での最後の対話が始まるのであった。

最終回 あらすじ

高柳は、逢沢がグループチャットを退会し、仲間外れにされている現状を簡単に説明し、

「逢沢さんはグループチャットに戻るべきかどうか」

を話あって欲しいと倫理の授業を受講する生徒たちに伝えた。

逢沢は勉強の時間が欲しくて、通知の多いグループチャットを抜けたと説明した。

逢沢はグループチャットから抜けて特に困っていないと言うが、同じクラスの谷口は、連帯感のあるいいクラスだったが、逢沢がチャットを抜けて過剰な反応をする生徒が何人かいるだけでグループチャットに戻ってきて欲しいと話す。

一方で、集団の幸福のために1人が犠牲になってもいいのかという話も出てきて話は平行線をたどる。

議論が盛り上がってきて、結論がでない状況の中、ある生徒が高柳に質問する。

「この議題は結論が出るの?」

高柳は議論が豊かになりすぎて、結論は考えていなかったと語り、

「人は宇宙を捉えるほどの思考の力を持っている。自分のことだけでなく、自分以外の人のことも思考し続けてください」

と話し、逢沢にどうする?と尋ねた。

逢沢はどうもしない、友達は倫理のクラスの人たちがいると答えた。

逢沢は残りの学校生活期間、葛藤も抱えつつ勉強をし、大学に合格した。

そして迎えた卒業式、逢沢は高柳に告白すると谷口に伝え、喫煙所に向かった。

高柳は逢沢の話を聞き、「ありがとう、気持ちだけ受け取っておきます」と答え、若さを理由にしようとする高柳に、「若さは私のせいではないから、それを理由にしないで」と反論する。

すると高柳は、「結婚とかを考えてますか?」と逢沢に尋ね、逢沢は「子供も欲しいし、結婚式もしたい」と答えた。

高柳は「結婚にはもう懲りているので、もうすることはありません」と伝えると、逢沢は「最初からそれを説明してくれればよかったのに」と言い放ち、走り去っていった。

その後は卒業生たちのその後の生活が描かれ、エンディングを迎えるのであった。

配信サイト紹介

よるドラ『ここは今から倫理です。』はネットでも見逃し配信を楽しむことができます。

【最新話を無料配信中】

【1話から最新話まで全話配信中】

  • U-NEXT

見逃してしまったら、ネットで見てみましょう!!

他にも作品を紹介していますのでこちらも見てみてください♪