コロナで普及??置き配とは??リスクはないの??


Amazonが推奨したことで、注目を浴びている「置き配」。

コロナウイルス対策でも一定の効果が期待されている宅配方法です。

置き配とは

「置き配」とは、利用者が指定した場所に荷物を置いてもらう宅配方法です。荷物の受け取り手と宅配業者どちらにとっても、再配達の手間を減らすことができる受け取り方です。

さらに、今年(2020年)は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、対面での受け取りを回避できるという理由から、置き配の利用が急増しました。

宅配業者各社も対応を開始したことで、利用もしやすくなってきました。

自宅の置き場所も指定することができます。

置き配のメリット

置き配の最大のメリットとしては、不在時でも荷物を受け取ることができることです。

従来の宅配は、対面での受け取りがメインであったので、荷物が届いた時に不在であった場合には、宅配業者が持ち帰ってしまい、再配達を依頼するしかありませんでした。

しかし、置き配では、再配達の以来の必要がなく、利用者、宅配業者ともに負担が軽くなります。

また、対面の受け取りがないので、コロナウイルス対策としても、メリットのある受け取り方と言えます。

置き配のデメリット

置き配を利用する上で、注意しておかなくてはならないのは、雨風にさらされて荷物が汚れてしまったり、飛ばされてしまう危険があるということです。

また、外にそのまま置きっぱなしにしてもらうものなので、盗難のリスクがあることも注意が必要です。荷物を置いているだけなので、誰でも持ち帰れてしまうので、盗難対策として、宅配ボックスなどを利用するなど対策が必要になる場合もあります。

新型コロナウイルスの影響もあり、ますます需要が高まることが予想される置き配。

便利なシステムであることは間違いありませんが、防犯性を高めるためにも、宅配ボックスなどをうまく活用することがおすすめです。

置き配を活用して、コロナ時代の快適なライフスタイルを楽しんでください。

他にも記事を上げていくのでこちらも確認してみてください♪