アニメ『魔法科高校の優等生』のあらすじと見逃し配信サイトを紹介します!!

アニメでも2期まで放送されていた『魔法科高校の劣等生』のスピンオフ作品、『魔法科高校の優等生』が2021年7月から放送されます。

『魔法科高校の劣等生』は司波達也が主人公として描かれていましたが、今回の『魔法科高校の優等生』は司波深雪が主人公として描かれています。

これまではスポットライトが当たりにくかったキャラクターにもフォーカスが当たりそうなので楽しみですね。

アニメ『魔法科高校の優等生

魔法科高校の入学生は、優等生の「一科生」と劣等生の「二科生」に入学時から区別されて、さまざまな待遇の違いが存在していた・・・。

そこに入学した優等生の妹と劣等生の兄の間にその学園が作った壁の存在が邪魔をしたりしなかったりという物語なのですが、『魔法科高校の劣等生』本編では劣等生側の目線で描かれていたのですが、今回のスピンオフ作品では優等生側の妹(司波美雪)の目線で学園生活が描かれていくので、これまでの『魔法科高校』作品とは違った楽しさがありそうな作品です。

アニメは『魔法科高校の優等生』2021年7月より各放送局や配信サービスにて順次放送予定です。

ネタバレを含みますので、閲覧に注意してください!!

第1話:一生大事にします

司波美雪は兄の司波達也に淡い恋心を抱いていた。

美雪の誕生日が数日中に迫ったある日に達也は「誕生日のプレゼントは何が欲しい」と美雪に尋ね、美雪は「1日一緒に過ごして欲しい」とねだるのであった。

誕生日当日、美雪と達也は一緒に街に出かけた。

2人のデートは達也のエスコートもあり、いい感じで過ごせていた。美雪は達也からプレゼントとして髪飾りをもらい、とても幸せで「人生最高の1日」だと感じていた。

そんな時に、2人の叔母で本家の党首である四葉真夜から魔法協会の関東支部への呼び出しがきた。十氏族の勤めで仕方ないのは理解しつつも、美雪は叔母のやり方に不満を隠せない様子であった。

国防軍絡みの案件で、実験体として扱われていた男性が逃げ出したというもので、達也たちのいたショッピングモールで自慰行動を起こすという予測が持たれていた。

逃亡者の男は、ショッピングモールを自らの魔法で火の海にし、発狂していた。そこに現れた美雪は、男の暴動を抑え氷漬けにした。

その現場に現れた達也は、美雪を連れてその場を離れた。

戦闘時に焼けてしまった、髪飾りのプレゼントを達也は魔法で再生し、再び美雪にプレゼントした。美雪は「一生大切にします」と喜ぶのであった。

しかし、四葉家の党首の真夜には何やら思惑があるようであった。

そして、2人の高校生活が始まろうとしていた。

第2話:ご一緒してもいいですか?

光井ほのかは、魔法科高校の実技試験を前に緊張していた。そんなところで司波美雪の魔法の実技を見て、ほのかの目は完全に美雪に奪われてしまった。

入学式の司波美雪の式辞を聴きながら、ほのかは美雪と「絶対友達になる!!」と決心するのであった。美雪はクラスの視線を一身に集めていた。そんな美雪を目の前にして緊張して、ほのかはその場でつまづいてこけてしまった。

何とか、美雪とほのかとほのかの親友の北山雫の距離は縮まり、一緒に食事をとろうと学食に向かったが、一科生が二科生の達也を馬鹿にしている現場を目の当たりにして、美雪たちは学食を飛び出してしまう。

ほのかは、試験会場で見た達也の実技を見て「なぜ一科にいないのだろう」と疑問に思ったと美雪に語った。美雪はそれに喜び2人の距離はさらに縮まったようであった。

その日の下校時、再び一科生が達也たち二科生に突っかかっている現場に遭遇した、ほのかと雫であったが、ほのかはそれを止めようと、閃光魔法を発動しようとする。

その騒動を止めるために、生徒会長の三枝と風紀委員長の渡辺が現れた。ほのかは魔法を使おうとしたとして、事情聴取に呼ばれそうになる。しかし、達也がほのかはみんなを止めようとして魔法を発動していただけだとほのかを庇い、難を逃れることができた。

その夜、ほのかと雫は電話で話をしながら、二科生の能力の高さを認め、一科生と二科生の違いとは何なのかと疑念を抱くのであった。

翌日、司馬兄弟は生徒会、風紀委員に勧誘され、着任したのであった。達也は妬みから一科生たちに陰口を言われるのであった。ほのかと雫は、その状況に憤りを感じながら、自分たちはそういったことをせずに精進しようと誓い合うのであった。

翌日の昼食時、ほのかたちは二科生の達也たちと食事を取ることで、さらに美雪たちと親睦を深めるのであった。

第3話:少女探偵団、始動よ!

魔法科高校の一科生が二科生を見下す風潮は、根強く学校に染み付いており、美雪は達也が馬鹿にされることに苛立ちを覚えていた。

新年度が本格的に始まり、部活動が新入部員を期間の真っ只中であった。生徒会や風紀委員は部活動勧誘の違反者を取り締まることと生徒の安全を守ることに手を焼いていた。

学校側も入部率を上げたいようで、さまざまなルール違反が黙認されていた状態であった。そこで風紀委員が役割を果たすことになっており、達也の活躍が期待されていた。

ほのかと雫は成績上位者であり、各部活から注目を集めており強引な勧誘を受け、その場は騒然としていた。そこに馬に乗った女性が現れ、2人を連れ出してくれた。その女性はエイミーと名乗り、2人と同級生であった。

そんな時、強いサイオン波を3人は感じ、変な感覚を覚える。それは達也が剣術部のケンカを抑えるために使った魔法であった。

翌日も、ほのかと雫は帰るのに苦労していた。エイミーは隠密魔法を使って帰ろうと提案する。その案は上手くいき順調に校門へ向かって移動できていたのだが、達也がケンカを仲裁している現場に遭遇する。

何者かが魔法を放ち、達也はその魔法を避けるが、明らかに達也を狙って魔法が放たれていた。

風紀委員の活動終了後、達也が生徒会室に戻ると、美雪は達也が魔法によって攻撃を仕掛けられたことに気づいた。

ほのかと雫、エイミーは下校途中、達也をどうしたら守れるのかを考えていた。美雪に達也が狙われていることがバレたら大変になると身を震わせていた。そこで3人は少女探偵団を結成し、達也を守ることを決心するのであった。

剣術部での騒動は、剣道部の壬生という生徒がおかしいことに端を発しているようであった。

一方、達也はほのかたちが自分を監視しているようだと美雪に伝えると、美雪は3人が何をしようとしているのかと考えを巡らせるのであった。

翌日、エイミーが達也を狙った犯人が司甲という生徒であることを調べ上げてきて、3人で司を捕まえるぞとエンジンを組み決意するのであった。

第4話:友達

coming soon…

第5話:

coming soon…

配信サイト紹介

『魔法科高校の優等生』はネットでも見逃し配信を楽しむことができます。

【1話から最新話まで全話配信中】

  • U-NEXT

    など

見逃してしまったら、ネットで見てみましょう!!

他にも作品を紹介していますので、こちらもご覧ください♪