一方通行って何であるの??理由は?基準は?



初めての場所などに車で行くと、案外分かりにくいのが、「一方通行」。

筆者も最近、新しい場所に行くことがあったのですが、結構、神経を使う部分ではあります。

そこで今回は「一方通行」について紹介していきます。

一方通行とは

一方通行とは、道路などが交通規制などにより、車両の進行方向をひと方向に限定している状態を言います。

「一方通行」の道路標識は、青い長方形に白い矢印のマークが描かれているものです。そして、矢印の方向にだけ、すすむことができるという意味を表しています。

矢印と反対方向に進むのは、道路交通法違反になります。

また、原則として、一方通行の出口には「車両侵入禁止」の標識が立てられています。

一方通行は、なぜあるの?

一方通行の目的は、相互通行が困難で危険な狭い道や、ひと方向への交通量の多い道路などの交通状態を一定方向に単純化させ、安全で円滑な交通を実現して、交通量を増やすことにあります。

道が分かりにくくなるという声が出ることもありますが、基本的には、交通量や安全性の面で、多くの道で効果が実証されています。

誤って逆走してしまった時の対処法

では、一方通行と気づかずに、侵入禁止の方向に入ってしまった場合はどうしたらいいのでしょうか。

一方通行を逆走して締まった場合、まずは落ち着いて周囲の状況を確認することが重要です。慌てて、バックしたり、Uターンしたりしないようにしなくてはなりません。停車をして周囲の状況を確認してください。

もし、問題ないようであれば、バックもしくは、Uターンをして元の道に戻りましょう。

罰則の問題だけではなく、一方通行の逆走は、重大な事故につながるおそれがあります。

しっかりと注意して、運転をするようしてください。

一方通行に対しては、分かりにくくて、不便に感じるというネガティブなイメージしかありませんでしたが、ちゃんと調べてみると、ちゃんと意図があって一方通行になっているということがよく分かりました。

やっぱり自分の個人的な想いだけで物事を考えてはいけませんね。

私も、もっと想像力を働かせていかないといけませんね。

他にも記事を上げていくのでこちらも確認してみてください♪