ロイロノートの使い方講座〜④地図カードの使い方〜


小学生
小学生
学校でタブレットのロイロノートを使って勉強するんだけど、使い方が分からないよ〜
モジャ博士
このページで地図カードの使い方が分かるぞい

日本各地の小中学校で「GIGA構想」という授業にタブレットを活用する試みが、広まっています。

今回は、GIGA構想の中で利用されることが多い「ロイロノート」の使い方を紹介していきたいと思います。

保存版となりますので、ブックマーク(お気に入り)に登録して、分からない項目があれば、その都度見返して参考にしてみてください♪

地図カードの使い方

ロイロノートの基本的な操作である「地図カード」の使い方を紹介します!!

地図カードを作る

モジャ博士
まずは、ロイロノートで地図カードを作ってみるぞい

まず、左側にある「ピンマーク」の書いてある地図カードのアイコンをタップすると、ノート上に地図カードが生成されます。

地図検索をする

ロイロノートの地図カードでは、文字通り地図を検索することができます。

ノート上の地図カードを選択すると、画面の上の方にアイコンが現れます。

その中の「ピン」のマークのアイコンをタップします。

そうすると地図検索ができる状態になります。検索窓にワードを入れて検索します。

入力が出来ると検索結果が表示されます。

また、左上には地図の表示形式が選択できるアイコンがあります。

【標準】

【地図+写真】

【航空写真】

地図の部分を長押しすると、ピンを立てることができます。

自分の辿り着きたいページに辿り着いたら、「完了」をタップすると、スクリーンショットのように地図画面がカードに固定されます。

また、カメラマークを押すと、現在のカードの次に、カメラマークを押した時の地図画面の地図カードが生成されます。

ノート上ではこのような状態になります。

地図カードにテキストや手書き文字を書き込む

ロイロノートの地図カードには、テキストや手書き文字を書き込むことができます。

地図検索をして完了を押した後の状態のカードには、上部にテキストアイコン(「あ」のアイコン)や手書きアイコン(「えんぴつ」のアイコン)などが表示されます。

(参考→Webカードにテキストや手書き文字を書き込む)

(参考→カードに手書き文字や絵を書き込む)

さまざまな機能を利用する

モジャ博士
ロイロノートの地図カードは他にもまだまだ使えるぞい

ロイロノートの地図カードの主な機能は地図の検索ですが、その他にも便利な機能があるので紹介します。

カードをトリミングする

ロイロノートの地図カードでは、必要のない部分をトリミングしてカットすることができます。

(参考→カードをトリミングする)

テキストボックスを作る

カードの左上の方向にある「➕」のアイコンをタップすると追加するカードの選択ができます。

(参考→テキストボックスを作る)

他のカードを追加する

カードの左上の方向にある「➕」のアイコンをタップすると追加するカードの選択ができます。

(参考→他のカードを追加する)

カードをコピーする

ロイロノートの地図カードでは、カードを複製することができます。

(参考→カードをコピーする)

カードに音楽・録音を追加する

ロイロノートでは、地図カードにBGM・録音音声を追加することができます。

(参考→カードに音声を追加をする(録音)カードに音楽を追加する)

レーザーポインターを使う

地図カードでは、テキストカードと同じように、カード上部のポインターのアイコンを選択してレーザーポインターを使うことが出来ます。

(参考→レーザーポインターを使う)

こちらの書籍では、ICTの授業での活用例が紹介されています。

授業での活用をお悩みの際は参考にしてみてもいいかもしれません。

今後もさまざまなカードや機能を紹介していきます。

YouTubeでは動画も紹介してますのでご覧ください♪

それぞれ構造は同じなので、各カードに対しての機能を覚えるのではなく、ロイロノート全体の構造として理解していくことが、操作方法を覚えるのには有効です。

ロイロノートを使いこなして、学習の質を向上させよう!!